色素沈着型ニキビ跡改善法

様々な種類があるニキビ跡の中で最も発生しやすいのが色素沈着型ニキビ跡です。色素沈着型のニキビ跡は、ニキビによって表皮上で炎症が起こり、そこにメラニンが生成されることにより発生します。
ニキビが完治した後に肌表面が紫色になっていたり、茶色っぽくなっていたりしますよね。あれが色素沈着型のニキビ跡なのです。
では、色素沈着型のニキビ跡を改善するにはどうすればいいのでしょうか。ここでは、色素沈着型ニキビ跡の改善方法についてご説明させていただきます。

色素沈着型のニキビ跡は、基本的には時間の経過とともに徐々に目立たなくなっていきます。しかし、化粧水等を使用して適切なケアをするとより早くニキビ跡を改善することができるのです。

そして、色素沈着型ニキビ跡改善に非常に有効なのがビタミンC誘導体です。
ニキビ跡の改善にビタミンCが有効であることは以前から知られていましたが、ビタミンCはとても不安定な物質であるためそれ単体では肌表面から吸収させることができませんでした。そこで登場したのがビタミンC誘導体です。
ビタミンC誘導体には水溶性のもの、油溶性のもの、進化型のものの3種類がありますが、ここでおすすめしたいのは油溶性ビタミンC誘導体です。油溶性ビタミンC誘導体は主にクリーム系のニキビ化粧品に配合されており、肌に負担をかけることなく真皮層にまで浸透し、色素沈着を改善してくれるのです。
油溶性ビタミンC誘導体が配合されたニキビ化粧品類は比較的リーズナブルに購入することができますので、一度試してみてはいかがでしょうか。

また、色素沈着型ニキビ跡の改善にはその原因となるメラニンを除去することも有効です。皮膚の奥深い部分にいるメラニンを除去することで肌を正常な状態へと導き、肌の生まれ変わりを促進することでニキビ跡を改善することができるのです。
メラニンの除去は皮膚科や美容クリニック等ですることができますので、ニキビ跡の意悩んでいる方は一度相談してみるといいかもしれません。